-Action!-

仕事術、目標達成、書評、お金、恋愛・・・20代のビジネスマンに向けたブログ

【書評】博報堂スピーチライターが教える 短くても伝える文章のコツ/ひきたよしあき

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝える文章のコツ/ひきたよしあき


<エントの読書メモ>
書くスキルはほとんどの仕事で必要です。
直接的に書く仕事でなくても、必ず言葉を使って仕事をしているはずですからね。
書く、話す、読む・・・いずれにおいても文章のスキルが高いにこしたことはないでしょう

ただ、文章のスキルを上げることは一朝一夕にはできません。
本文中にもありましたが、上達の秘訣はとにかくアウトプットを増やすこと。

小手先の技術だけでなく、書いて書いて書きまくることが必要だということです。
情報発信などで読ませる文章を書きたい、なかなか要点をまとめられない、そんな悩みを持つ人に読んでほしい一冊でした。

<引用メモ>
いっきに書いて、大量に削る。これが中身の詰まった文章を書く極意です
・あくまで経験則ですが、指定された文字数の倍の長さを書いてから削った文章は面白い。800字なら1600字近く書いてこそ、要点の詰まった内容になります。
・なくても伝わる接続詞は極力排除しましょう
・ブログやSNSでエッセイを書く時も、同じ要領です。書き出しからすぐに、読者を事件に巻き込む。ハラハラドキドキ、時にはじんわりさせながら、最後まで読んでもらう。「とにかく大変だった」のほかにも、書き出しを考えてみましょう。「この言葉に、じーんときた」「いよいよこのときがやってきた」「みなさんに、謝らなければいけないことがあります」「なんでも試してやってみるものです」などなど・・・次々にエピソードが生まれてきそうな発句を持ってください
・文章上達の秘訣は、アウトプットの量で決まる
・書く行為を、イベントにせず、日常に溶かす。最後には書くことを呼吸のように、無意識になるほど身体化させていく。量を書くことで、自分の文章が様式化され、洗練されていくのです