-Action!-

仕事術、目標達成、書評、お金、恋愛・・・20代のビジネスマンに向けたブログ

【書評】「ほめちぎる教習所」のやる気の育て方/加藤光一・坪田信貴

「ほめちぎる教習所」のやる気の育て方/加藤光一・坪田信貴


◇◇エントの読書メモ◇◇
人間関係を築く上でほめることは非常に重要。
よく言われますが、わかっていてもなかなかできないですよね。
自分も普段意識づけていますが、「ここであれを言えばよかった!」と後悔することもよくあります。
いろいろなメリットがある「ほめ」にフォーカスして、ほめる技術を紹介するこの本。

ほめることで生徒数が急増した教習所のノウハウが一冊にまとめられています。
また、ビリギャルでお馴染み坪田信貴さんの解説が随所にちりばめられているのもポイント。
こちらも大変役立つ内容が盛りだくさんです。

ほめることで人間関係を良好にしたい、モテたい、人気者になりたい・・・
なんて人におすすめです。
ぜひ普段からほめることを意識できるようになりましょう。

◇◇引用メモ◇◇
・最初に身につけてほしいのは、ありがとうを口グセにするということ。道を空けてもらうとき、ちょっと手伝ってもらうとき、そういうときにすみませんをやめて、ありがとうに切り替えてみてください。ありがとうは相手の好意を受け止める優しい褒め言葉です。
・できれば、ありがとうに続いて、いつも助かるよとか、いつも気を遣ってくれてうれしいよなど、さらにポジティブな言葉を付け加えられるといい。
・「どのタイミングでほめたらいいか、わからない」。これも、非常によく聞く悩みです。これに対しては、明確な回答があります。「ほめられるところがあったら、すぐほめる」です。これを越えるタイミングは、ありません。ほめるのが上手な人は例外なく「すぐほめ」ができる人です。
・「すぐほめ」のときにほめ言葉が出てこない方のために、ほめる魔法のワード「3S」を教えましょう。それは、「すごい」「さすが」「すばらしい」の3つです。使い方は簡単です。何か良い報告があったり、ほめるチャンスだと思うことがあったら「おおすごい」「さすがですね」「これはすばらしい」など、どれでもいいから口に出します。意識的に3Sを続けてみてください。やがて、何か良いことを耳にするたびに3Sが口グセになり、口をついて出るようになってきます。ほめる言葉が習慣になれば、「いつほめよう」などと悩むこともなく、いつでも「すぐほめ」ができるようになります。
・3Sが自然に出るようになったら、今度は3Sのあとに「なぜならば」を付け加えるようにします。3Sのあとに、「このあいだは取れなかったのによく頑張ったな、さすがだな」「遅くまで資料作りを頑張っていた甲斐があったな」「最近プレゼンがうまくなったもんね」など。

◆ほめるのが苦手な人に効く、ひとり練習3選
①自分・同僚のいいところを20個書いてみる
まずは自分、それから同僚や身近な人。5分程度に時間を区切って20個出してみる。
②欠点を長所に変換してみる
身近な物の欠点を長所に変えるところからはじめてみて、慣れてきたら人で挑戦。
③家族をほめてみる

ほめる練習として私がおすすめするのは、日記です。日記は文章力と語彙力がつく、起こったことを整理して考えるトレーニングになる、自分の成長を実感できるなど、いろいろな効果があるのでぜひ試してみてください。
・あいさつは、お互い自然に接点が得られる貴重なチャンスです。まずはあいさつから信頼関係作りをはじめましょう。ポイントとしては、あいさつの際には相手の目を2秒見て、必ずポジティブな言葉をつけ加えるようにします。「今日も元気そうだね」「昨日は手伝ってくれてありがとう」「そのネクタイいい色だね」「その靴かっこいいね」といったシンプルな話題で十分。大切なのはあいさつだけでなく、目を2秒見て会話を交わすこと。

・笑顔を作るのが苦手、という方も少なくないと思いますが、表情筋の鍛え方・使い方の問題ですので、練習すれば笑顔は誰でもより素敵になります。興味のある人は、ハリウッドの映画スターたちが最も綺麗な笑顔としているハリウッドスマイルをまねして練習するとよいでしょう。ほめるときの良い笑顔の効果は絶大です。また、笑顔そのものが心に良い影響を与えるということが科学的に証明されています。

◆イチオシのほめ方10選
①すぐほめ
いいなと思うことがあったら、まずは「すごい」「さすが」「すばらしい」と声に出しておきましょう
②最初ほめ
最初にほめて良い人間関係を作ること
名字(有名人と同じだね)、名前(いい名前だね)、笑顔、持ち物、所属などをほめること
③原因ほめ
失敗の原因を考えさせ、原因を理解したことをほめる
④拡大ほめ
実際にしてくれた小さなことと、それが引き起こす大きなことをセットにしてほめる
例:寒い日にお茶を入れてもらったときは「気が利くね、寒くて風邪をひきそうだったんだ。明日大事な商談があるからありがたいよ」
⑤比較ほめ
「普通はなかなかできないよ」「並じゃないね」
⑥プロほめ
「お手本のような○○だね」「もうプロレベルだね」
⑦質問ほめ
「いい質問ですね」「いいところに気がつきましたね」
⑧第三者ほめ
「課長も感心してたぞ」「同期の○○もすごいって言ってたぞ」
⑨つぶやきほめ
聞こえるか否かという声量で「さすが、すごいな・・」「なるほど、そんな手があったか・・」
⑩ほめきり
「もっと勉強してほしい」と思っているなら、「すごい、よく勉強しているね。わかることもすばらしいけど、しっかり勉強を続けていることが本当にすばらしい」といった具合に継続を念頭に置いてもらうようにする