-Action!-

仕事術、目標達成、書評、お金、恋愛・・・20代のビジネスマンに向けたブログ

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?/裴英洙

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?/裴英洙


◇◇エントの読書メモ◇◇
忙しいビジネスパーソンに向けて、かなり実践的な風邪の予防法が書かれた本。
すぐに取り入れられるノウハウが多くありました。
手洗いとかうがいとか睡眠とか、昔から言われる基本的なことが重要なんだと再確認できましたね。
うがいは習慣化できてないから、なるべくするようにしよう。

本書ではしきりに風邪の超初期症状に気づくことを推奨しています
なんか風邪っぽい?というシグナルに敏感に反応して、風邪にかかる前に食い止めるのです。
ビジネスパーソンにとっては体調管理も仕事のうちですから、これもスキルのうちですね。

<引用メモ>
・風邪をひかない一流の人が最も重視しているのは、ひく前です
・風邪をこじらせず、即回復する一流のビジネスパーソンに共通しているのは、この風邪をひくパターンを自己分析できていることです。先々のスケジュールを確認し、風邪パターンにハマりそうになったら、即座に本書で紹介するような予防策で先手を打ち、シャットアウトしているのです
・実は、鼻・のど・せきなどの明らかな風邪の症状が出たら、手遅れです
・風邪を水際で食い止めるためには、自分だけの超初期症状を敏感にキャッチするしかありません。そして即座に対策をとり、風邪をひきそうでひかない状態でリカバリーするのです

<超初期症状の可能性がある違和感の例>
○食べ物の味が変わる
○いつもより集中が続かない
○のどに膜が張ったような感覚がある
○エアコンの温度を変えてないのに寒く感じる
○まばたきの量が増える
○ランチでフライやラーメンを避けたくなる
○唇が荒れる
○二日酔いが直りにくくなる
○朝の目覚めが悪くなる
○本が長時間読めなくなる

★トイレで用を足して手洗いを済ませたら、うがいをすることをセットにしましょう。理想的には、2時間ごとなどピットインするつもりで定期的にうがいします。
・ポイントはうがいをする前に、口をゆすぐこと。そして、がらがらうがいをするときは、必ず声を出してください。
・のどの保湿をするためにはガムを噛むことも有効
・1日に11回以上手洗いをする人は、風邪のリスクを50%以下にできる(1~1.5時間ごとに洗う頻度)
★風邪だけでなく、疲れが溜まっているときや体調不良の際は、「横になる」が鉄則
・睡眠不足は風邪の発症リスクを増加させます。また、人間関係上のストレスを抱えると、風邪の発症リスクを増加させることもまた、複数の研究で示されています。ストレスは睡眠によって解消される部分が非常に大きいため、ストレスと睡眠不足と風邪は、密接な関係にあるのです。