-Action!-

仕事術、目標達成、書評、お金、恋愛・・・20代のビジネスマンに向けたブログ

『「一流」の仕事/小宮一慶』は仕事の本質がわかる良書だった!

新年1冊目の書評は経営コンサルタント小宮一慶さんの本。

2013年発売の『仕事の王道』の文庫版です。

いくつか引用と感想をメモ。

 

▼正しい考え方を身に付けるためには、良い本を何度も読んで、自分のものにしないといけません。

例えば、先に述べたように、私は、松下幸之助さんの『道をひらく』を、東京の自宅にいるときは寝る前に必ず読みます。

ほかの良書でももちろんかまわないので、同じ本を何度も読む習慣をいろんな人にすすめているのですが、多くの人はやりません。

たいした手間ではないので、やってみればいいのです。

その上で、嫌だったらやめればいいだけのことですから。(p60)

→本はそれなりに読んでるけど、良書を何回も読む習慣ってそこまでないかも。

ノウハウ系の本は何度も読み返すために残しているのも何冊かあるけど、考え方系の本はあまりないなぁ。

「道をひらく」買ってみよう。

 

▼偉い人や偉くなる人というのは、だいたい朝早く会社に来ます。

早く会社に来る部下は、早く来た上司と情報交換したり、アドバイスを非公式な場でもらえたりします。

朝の時間に情報交換をしているかどうかは、すごく大きな差になるのです。(p115)

→朝の時間をうまく使うのは2018年の目標のひとつ。

出社時間の1時間前には仕事に取り掛かることにする。

 

▼仕事に関することと、プライベートに関すること、この二つの目標を毎月月初に立てるのです。人生、仕事ばかりではありませんからプライベートの目標もしっかり立ててください。

(中略)目標の内容は、先ほども述べたように、仕事の本質にかかわる勉強をするという目標と、家族や友人との関係を良くする目標を立てて、それを達成できるようになればすばらしいですね。(p172)

→月間目標を立てるのは、習慣化したい。

早速グーグルカレンダーで予定をおさえておく。

 

▼私も夜は、日記を書く、ブログをアップする、松下幸之助さんの『道をひらく』を読むこと以外は、机に向かいません。

(中略)そのかわり、週末は、「午前中1時間だけ」などと決めて勉強します。

例えば「土曜日の午前中1時間」と決めれば、習慣化して続くものです。(p175)

→週末に時間をとって仕事の本質について勉強する習慣は取り入れたい。

1時間だけでも続けるのが大事。これもカレンダーに入れてしまおう。

 

▼実際に手を動かさないと、本物にはなれないのです。

皆さんも、何か機会があれば、実際に体を動かすことに積極的に参加してください。

スポーツでもかまいません。

体を動かすと、積極性が高まりますし、明るくなります。(p201)

→これまで学んできたことをしっかりアウトプットすることも必要。

仕事の効率アップとか、コミュニケーション術とか、知識があっても実践できないと意味がない。

あとは、シンプルにスポーツの習慣もつけたい。体重計買って習慣づける。