-Action!-

仕事術、目標達成、書評、お金、恋愛・・・20代のビジネスマンに向けたブログ

5倍速で結果を出す スピード×ダンドリ仕事術/岡田充弘

5倍速で結果を出す スピード×ダンドリ仕事術/岡田充弘

<エントの読書メモ>
オーソドックスな仕事術本。目標設定、PDCA、根回しなど内容は盛りだくさん。
幅広く網羅はされていますが、それぞれの内容はちょっと薄いかも?という印象でした。


パソコンの仕事術に特化した本も出されているそうなので、そちらも読んでみたいですね。
スピードを上げて自分の理想を追求したり、やりたいこと進んでやったりする姿勢については勉強になりました

<引用メモ>
・やりたいことが見つからない人には、まず目の前の仕事や課題を全力で取り組み、爆速で完遂できるようになることをオススメします
・「やりたいことは全部やる。」そんな精神で、仕事も人生も5倍速で楽しんじゃいましょう。


・共有サーバーに置いたり、検索して都度呼び出すなど、パソコンのローカルディスクに情報を溜めない仕組み作りが必要です。減らすという地味な取り組みの積み重ねによって、ずいぶんと時間の余裕ができてくるはずです。


ショートカットキーは以下の4つを覚えておけば大半の作業に応用できます。
 ①Alt+Tab:選択画面からアプリを選択
 ②Alt+Esc:開いているウィンドウを順次選択
 ③Ctrl+F6:同種アプリのみ順次選択
 ④Win+D:すべてのアプリを最小化

 

【笑いの考察】面白い人とはどういう人か?

数年前から、笑いを科学することはできないか?と常々考えてきました。
ロジカルに笑いを分析して、面白くなる手法はないかと。
できるかどうかはわかりませんが、これから笑いについての記事をいくつか出していきたいなと思います。
 
▼面白い人とは?
まずは、面白い人の定義から。
面白い人とはどういう人なんでしょうか。
よく勘違いされがちなものに、「楽しい人」という指標があります。
私は「面白い人」と「楽しい人」を完全に区別して考えています。
 
面白い人のイメージは芸人さん。
ネタやトークを考えて、考えた通りの笑いを生み出せる人を指します。
楽しい人のイメージは、学校でいえばクラスの盛り上げ役、場を賑やかにするのが得意な人です。
 
一般的にはこの二つを総称して「面白い人」と表現しますが、ここを区別して考えないといけません。
なぜなら、それは求める笑いが違うから。
それぞれの違いを、はっきりさせていきましょう。
 
▼面白い人と楽しい人の違い
・笑わせられるターゲット
面白い人・・・広い
楽しい人・・・狭い(知り合いのみ、内輪)
 
・打率(笑わせられる確率)
面白い人・・・高い
楽しい人・・・低い
 
・笑いの質
面白い人・・・理論で笑いをとる
楽しい人・・・勢いで笑いをとる
 
面白い人と楽しい人には、大きく上の3つの違いがあるように感じます。
わかりやすいように面白い人を芸人さん、と置き換えますが、芸人さんはこれら3つのレベルが高いですよね。
 
つまり、芸人さんにとっての笑いのターゲットは非常に広く世間の皆さんで、すべらず笑いを高確率で生み出し、勢いではなく理論、理屈で笑いをとる。
これができるのが面白い人です。
いわゆるクラスの人気者でテンション高く、声が大きく、自分を知っている人しか笑わせられないのは楽しい人、ということです。
 
楽しい人にも面白い人とは別の価値があり、否定はしません。
楽しい人になるには性格的な要素も必要なので、みんなが楽しい人になれるわけではないので。
後天的にスキルを身につけるなら、面白い人になることを目指しましょう。
楽しい人にはなれなくても、面白い人にはなれます。
そして面白い人になった方が、楽しい人になるよりも、人生楽しくなります。
 
▼努力次第で面白い人になれる理由
さきほど楽しい人にはなれなくても、面白い人にはなれると言いました。
その理由は、笑いにはパターンがあるからです。
 
楽しい人に必要なのはノリやテンション。
面白い人に必要なのは知識やテクニックなのです。
 
実際に芸人さんは芸歴、経験を積むごとに技術を身につけて面白くなっていきます。
芸歴1年目のネタは見れたもんじゃないことが多いですが、2~3年もするとサマになってきます。
 
M-1とかキングオブコントのショーレースでも、やはり芸歴が上の人たちが勝っています。
(もちろん例外はありますが)
とことん理論に落とし込んだ上でインプットをし、それをアウトプットして試してみることで面白い人になることは可能なのです。

ブログが書けなくなるのはどうしてか

ブログを毎日書くぞ!と意気込んでも、それはなかなか簡単にできるものではない。

ではそもそも、なぜ続かないのかを考え、その理由をどう潰すかリストアップしてみよう。

 

1.何を書けばいいかわからない

これはあるある。ネタが尽きるというやつだ。

ブログのテーマが決まっていない雑記ブログにありがちだと思う。

対策としてはブログの軸を決めること。

雑記ブログであっても、主にどんなテーマを書くかを決めておくほうがよい。

 

2.書くことが習慣化されていない

これの対策としてはいつ、どこで書くかを決めること。

朝起きて家ですぐ書いてもいいし、出社前に会社近くのカフェで書いてもいい。

いつでもどこでもいいので、自分の中でルールを決めておこう。

 

3.めんどうに感じてしまう

1や2がクリアできても、この「めんどう」という感情があるだけで全部パーだ。

書けど書けどアクセスが伸びない、収益化できないというのは当たり前なので、コツコツやっていくしかない。

目標を見失わないように、なんのために書いているのか?を常に意識しよう。

幸せになるために必要なのは、時間

人生の質を高めるためのものはいろいろあります。

お金だったり、人付き合いだったり、趣味だったり。

でもやはり、いちばん大事にしたいのは時間じゃないでしょうか。

 

時間がないとお金を稼ぐこともできないし、お金を使うこともできない。精神的な余裕がなくなって、散財してしまうかもしれません。

人に会うことも、趣味に没頭することも、すべて時間ありきです。

 

すべてのベースとなる健康も、時間ありきといえるかもしれません。

時間的な余裕があれば精神的にもラクですし、運動したり食について考えたりもできます。

 

人生全体の質を高めるのは時間である、というのは前提として捉えておくべきでしょう。

 

では、時間をつくるためにはどうするか?

時間の余裕をつくる方法は、大きく分けて2つあります。

 

1つは、朝にセカセカしないよう早起きすること。

2つめは、仕事を効率化して残業を減らすこと。

 

この2つができれば、ある程度まとまった時間が生まれるはずです。

意識的に時間をつくることを、ぜひやってみてください。

睡眠の質を高めよう

最近眠りの質が低くなっているような気がする。

なかなか朝起きられない。

 

それは睡眠の質を高めるルールを守っていないからなはず。

いくつか質の高い睡眠をとるための方法はあるのですが、それをきちんとやらないと、やはり睡眠の質は落ちるのだと実感しました。

 

睡眠の質を高めるための習慣は3つ。

 

1.寝る3時間前以降は食べない

2.寝る2時間前以降は光を見ない

(スマホやPC、テレビなど)

3.寝る1時間前に風呂に入る

 

これを守れば、かなり快適な眠りが手に入ります。

ただ、やるのはなかなか難しいですよね。

 

これまでいろんな睡眠本を読んできて、本当に効果があるのはこの3つ。

これだけ守れば間違いなく眠りの質は高まることでしょう。

是非お試しあれ!

これからどう生きる?3年後の理想をイメージしてみた

 

先日、5年後の目標を見据えた上で、
3年後と1年後の目標を立てました。

仕事からプライベートにいたるまで、
どんなことがしたいかをリストアップしましたが、
自分の将来像ややりたいことについてもう少しイメージを明確にしていこうかなと思います。

今回は、現実的に目標にできるという点で3年後の自分を考えてみます。
今、この記事を朝に書いているのですが、
朝に理想や目標をイメージするのってすごくいいことです。
潜在意識的に夢や目標がすり込まれるので、
理想をイメージするトレーニングは毎日やってもいいくらい。


▼3年後、どのように稼いでいたい?

いまはふつうに会社員をやっていますが、
大学を卒業してからのここ数年で環境はだいぶ変わりました。
仕事が変わり、住む場所が変わり、人間関係が変わり・・・
数年で人を取り巻く環境はかなり変わるものですね。

ビジネスマンとして、とりわけお金のことを言えば、
3年後は複数の収入源をつくることを目標としたいと思っています

近年はYoutuberやブロガーなど自分のスキルを活かして
それをお金に変える職業が台頭してきています。
ココナラやクラウドワークス、ランサーズなどの
人と人をつなぐサービスが増えてきているのもその一環でしょう。

会社員として、以外の収入源のイメージとして考えているのは、
まずはこのブログ。
情報発信の基礎はストック型のブログであると考えています。
ブログでまずブランディングをし、
「この人はこういうスキルがある」と認識してもらうことが重要。
自分の好きなことを毎日発信することで、ブランドを作り上げれれば、と思います。

こうやって文章を書いて、ブログにアップして、
ブログだけで食べていきたいとは考えていません。
重要なのはブログで稼ぐことではなく、
あくまで複数の収入源をつくること。
そのため、あらゆる方法でマネタイズできていたほうがいいわけです。

たとえばブログを教えるコンサルティング、
そして読書会や勉強会、セミナー。
将来的にはしゃべる仕事もしていきたいと思っているので、
人と人が直接つながる場も大切にしたいです。

具体的な金額の目標としては、月に5万円。
3年後には、会社員としての収入以外に月5万円を稼げるベースをつくりたいすね。


▼3年後、どんなスキルを持ったビジネスマンになりたい?

ビジネスマンとして磨くべきスキルはたくさんありますが、
自分が磨いていきたいのは稼げるスキル。
つまり、今の会社だけで通用するスキルではなく
一人の人として価値が高まるスキルを伸ばしたいですね。

たとえば、
・話すスキル
・書くスキル
・マーケティングスキル
といったところでしょうか。

こういった普遍的なスキルを伸ばしておけば、
もし独立したとしてもそれらが活きてきます。
今の会社でしか通用しないスキルは、
逆に言えばそこ以外では無意味なスキルです。
これから将来を考えたときにどんなスキルを伸ばすといいかを考えるべきです。


▼3年後、どんなプライベートを過ごしたい?

まずは交友関係を広げるというのをひとつのテーマにしたいです。
それは、やはり仕事でもプライベートでも、
チャンスをつかむために必要なのは人との関わりだと思うからです

特に東京に住むというメリットはそこにあると思います。
著名人が多く住み、いろいろな人がいる東京は、
交友関係を広げて知り合いをたくさんつくることでもっと可能性が広がる。
そんなふうに私は思っています。

高い家賃や高い物価を払ってでも東京に住む価値はそこにあります
東京でしかできない経験をもっともっと積むべきです。

一人の時間はもちろん大切にしつつ、
いろいろな人と会う時間を必ずつくれるようにしていきたいですね
対人コミュニケーションを増やして、自分の環境を意識的に動かしていきたいです。

 

朝ごはんをどうするか?

みなさんは、朝ごはんを食べていますか?

家で食べる人、出勤前に外で食べる人、会社で食べる人などいろいろいるかと思います。

私の理想の朝ごはんは、出勤前にカフェで食べること。

カフェに入って1時間くらいくつろぐ時間をつくり、朝食ついでに将来のこと、その日の計画を考えるのはいい習慣だと思います。

もし毎日できなかったとしても、たとえば毎週この時間はカフェに入る、とか決めるのもいいですね。

定期的に決まったところで1週間の予定を立て続けることで、効率的に仕事が進められます。

 

朝ごはんを食べる時間をつくることで、自己投資の時間も併せてとってしまいましょう。